Study

about

video hosting service

YouTube+Google

???% illegal contents

@ public space

動画共有サービス(どうがきょうゆうサービス、英語:video hosting service)は、

インターネット上のサーバに不特定多数の利用者が投稿した動画を、不特定多数の利用者で共有して視聴できるサービスである。

不特定多数の利用者なため、本人ではない利用者(第三者)が動画をシェアできてしまうという点で様々な問題を引き起こしている

1・違法コンテンツが多い

2・人権を侵害してしまう程度である

3・なりすましてビジネスができてしまう

サーバー会社は無料でサービスを提供する事と引き換えに利用者を増やし、企業広告での収益を目的としている為沢山の利用者と動画を所持するという事に焦点を合わせていると思われる。

これは普通の仕組みだと思います。がしかしサーバー会社が違法コンテンツに関して削除をせずに放置をしていることが現状で、犯罪から出来ているコンテンツや、そういった事が原因で事件や犯罪がどんどん増えていることが明確にわかります。

テレビやラジオと同じように公に視聴できるコンテンツである為、テレビ局やラジオ局と同じ扱い・または規定にて運営すべきだと思います。

改善策(勝手に考えてみました)

1・一度リセット

(全てのコンテンツを削除・新たに動画共有サービスを立ち上げドメインを移管する)

違法コンテンツが多すぎる為消す労力の方が大きいと思う為

(ドメインと動画共有サービスのサーバー接続を外す)

2・オフィシャルアーティストや公共のテレビチャンネルなどのコンテンツのみの配信にする

3・もしも一般人でも利用できるようにするのならば、利用者にパスポート・本人確認を

(入国審査並みに)明確にさせることを義務ずける必要があると思います  

(本人確認・振込先・写真等の一致・有無)

4・動画共有サービスもテレビ局やテレビチャンネル・またはラジオ局が管理運営することが好ましいと思います

こういった事はどこの会社でも起こりうる問題であり仕方がない事なのかなとも思いましたが、MSN(msnbc)・yahooでこの様な問題を特に見つけたり・感じた事はなかった為

今や自宅テレビで映し出してvideo hosting serviceを視聴する時代なのでこういった事を義務付ける日が近いのではないかと勉強中です

そろそろけいたい電話をチャージしようと思います

bonjour-advertisement-hello

   

bonjour-advertisement-hello

WordPress.com で新しいサイトを作成
始めてみよう